うまく通らないのです

毎週のように私はクレジットカードを使って買い物をしています。一万円以上には現金を持っていないので、クレジットカードを使うようにしているのです。それなのに、最近ではそのクレジットカードが通らなくなってきているのです。使いすぎてもいません。ただ磁気が悪いだけなのでしょう。どのお店でも何回も通さないと、なかなか買い物ができないのです。何回も通してやっと買い物ができる時もありますが、ずっと通らない時もあるのです。だから最近ではクレジットカードを使うのが、とても面倒になってきました。いつでも気軽に使えるのがメリットなのに、通らなかったら意味がありません。そのたび恥ずかしい思いをしないといけないのです。私が悪いみたいになってくるので、とても嫌なのです。

通販でクレジットカードを使うとき

ネット通販でも支払いはほとんどクレジットカードを使っています。カードを頻繁に使うのは危険かもしれませんが慣れって逆に怖いですね。だいたい利用する通販ショップは決まっていますがたまに利用するところもあります。最近は、支払いのボタンを押したら、自動で自分のカード情報が表示されるところがほとんどです。しかし、とある通販ショップでは毎回、自分でクレジットカードの情報を入力しないといけません。安全第一なのでこういう風なところがいいかもしれません。でも、とっても面倒です。アルファベットを大文字で入力したり数字を入力したりテンキーのないパソコンのキーボードの場合、間違ってばかりでした。クレジットカードを財布から取り出すことさえ面倒だと思っていました。今ではすっかり自分のカード番号を暗記するくらいに入力したかもしれません。

私が持っているクレジットカードは、3枚あるのですが、以前、「今なら、リボ払い専用へ切り替えで、○○ポイント贈呈」などといったキャンペーンに乗っかり、全てのカードをリボ払い専用にしてしまいました。何を買っても、少額の物も全て、レジで「一回払いで」と言っても全てリボ払いになってしまいます。本当は、都度返済していってしまえば良いのでしょうが、ついつい残高が積み上がってしまい、高いリボ払い手数料をつけて返済してしまっています。主人にも、カード利用の仕方が下手だと、良く叱られます。でも、主人がちょっとお金が無い時の買い物に、いつも付き合ってくれる訳ではないので、本当にリボ払い専用カードは、上手に利用するのは難しいです。

慎重にクレジットカード情報を入力

 1か月くらい前に、クレジットカードでとあるゲームソフトを買いました。そのゲームソフトは前々から欲しいと思っていたのですが在庫がなかなかみつからず、インターネットのショップを探していたのです。そのゲームソフトの在庫をやっと発見し、しかも安かったので即買いしました。 そのときの決済はクレジットカードだったのですが、番号の入力を間違えないように慎重にしました。というのも、インターネットのクレジットカード決済がとても久しぶりだったからです。番号の入力ミスで上手く決済ができなければ商品が届くのも遅くなってしまいますし、その点に注意を払って数字をよく確認しながら入力をしました。無事にクレジットカードの決済が完了するとすぐにゲームソフトが届き、とても満足する買い物ができて良かったです。

おすすめクレジットカードの探し方

クレジットカードというのはお金がなくても買い物が出来るという部分ばかり注目をされますが、それ以外の部分でも特典の多いものとなっています。そのため、そのような特典を上手に使うことによって、お金を節約することができるようになっているのです。最近のクレジットカードというのは年会費無料で作ることができ、それでいてお得な特典がたくさんついているカードが多いので、カードを作って得することはあっても損をすることはないのです。クレジットカードによる特典というのは様々なものがありますが、よく利用する場所で発行しているカードであればその店で割引を受けることができるという物があります。クレジットカードおすすめを探す方法としては、日常生活の買い物をするのに欠かすことができない、スーパーで発行しているカードの場合特定の日や曜日に割引を受けることができるカードというものがあります。このような日常的に使用するものというのは、必ず必要となるものですからそのようなものをただカードで支払いをするだけで割引を受けることができるというのは、それだけで大きな節約効果を持つことになります。そのため、よく利用する店で発行されているクレジットカードがあれば詳細を良く確認して、よりお得に利用をすることができるようにカードを発行してみるのも良いでしょう。

クレジットカードの利便性

クレジットカードを所有していると、いろんな面で得をするので持っておいて損はないです。利用頻度が低ければ、年会費無料のカードを選択しておくと良いです。クレジットカードは利便性が高く、一つは会計の時が楽なことです。財布から小銭をだしたりしまったりする手間が省けます。財布の中身もすっきりします。カードを出してサインをするだけで終わり、あるいはサイン不要の場合もあるのでスムーズに会計が終わります。クレジットカードを利用するとポイントがたまります。一定数以上たまると、アイテムに交換できたり、キャッシュバックができたりするのでお得です。公共料金や通信費など、毎月必ず支払いがあるものに対してはカード払いの設定をしておくだけで、着実にポイントがたまります。

クレジットカードの保険

クレジットカードには保険がついています。もしも不正に自分のクレジットカードが利用された場合などに補償をしてくれます。しかし、このクレジットカードの保険も不正な利用を見つけられなけば補償を受けることはできませんし、不正が起こってからかなり後になって、その不正を発見したとしても補償の期間が過ぎていることもあり得ます。不正を見落とさないことが重要ですが、それは難しいことではありません。毎月のクレジットカードの利用明細をしっかりと確認することです。利用明細が送られてきたり、メールで利用明細が更新されたときにしっかり目を通しておけば、クレジットカードの不正はまず見つけることができます。危機管理でこのくらいは実践すべきです。

旦那のクレジットカード

なんと、旦那のクレジットカードは、ハッキングされた経験があるのです。旦那が、クレジットカードの支払いをしようと、自分のサイトに入りチェックした所、使ってもいない金額約50万円がそこにあったのです。しかも、クレジットカードが使用された場所が、私達が前によく利用していたスーパーなのですが、そこは会員制で、既にその時点では会員ではなかったので、おかしいということに気づき、銀行に連絡しました。その金額は旦那が使っていないということを主張して、数日後に戻ってきました。そして、後日、1通の手紙が届きました。そこには、隣町に住む夫婦が何人かのクレジットカードをハッキングし使用していて、彼らを逮捕したという文面でした。

クレジットカードはコンビニやスーパーマーケットであれば、サインやパスワードなどの入力を求められることはないのですが、他のお店ではサインが必要になるところもありますし、中にはピンの番号まで打ち込むように求めてくる場合もあります。なぜお店によってこうも対応が違うのか、はっきりしたことはわかりませんが、このシステムや不正使用の防止などいろいろな要素が絡んでいるのではないかと思います。海外でカードを使う場合はこうしたサイン、そしてピンナンバーは必須となることがほとんどですが、日本においてはサインでOKのところがほとんどです。いずれにしてもこうしたナンバーはあまり使っていないと忘れてしまうことがあるのでその点に対する注意が必要です。

海外旅行によく出かける人は、海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを作ると良いのかもしれません。一概に言えないけれど、わたしの家族は海外旅行へよく出かけるので、海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを作りました。そうすると海外旅行へ出かけて何かあっても安心なんだそうです。海外旅行は思っているよりも怪我とか病気とか様々なトラブルがあります。そういう急なトラブルに備えてクレジットカードを作ってよかったと、わたしの家族は何度も思ったことがあります。そしてそのクレジットカードは年会費無料のカードです。素晴らしいクレジットカードは探せば見つかるので、自分に必要なサービスが受けられるクレジットカードを見つけましょう。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7